ダチュラの種を喫煙しました。

2017年9月16日

ダチュラの種を手巻きタバコに詰めて吸ってみたレポート。

ダチュラってご存知ですか?
別名チョウセンアサガオ。通称キチガイナスビ。

英語ではデビルズトランペット、ヘルズベルなど、
散々なネーミングの植物。
f:id:meshigakuitai:20170803170742j:plain

効果

基本的に全体が毒です。
アルカロイド持ち。

時々、「ゴボウと間違ってきんぴらにして食べて搬送」とか、
「ごまと間違えておひたしにまぶして食べて搬送」とかニュースになるほど強力な毒ですが、
園芸用に一般に広まっている植物です。

アルカロイドなので、毒ですがうまく摂取すれば精神に作用するみたいです。
ちなみに、
海外のフォーラムでは、4粒吸って幻覚を見たというレポートもありました。

結果

まずは疲れたときにビビりながら1粒吸ってみました。
ちなみに、バジルに混ぜて手巻きタバコで吸いました。

すると10分ぐらいして、

(あーなんかクラっときてる感じがする。焦点がちょっと合わないかなあ。)

ということでもう2粒吸ってみました。
疲れていたせいなのか、ダチュラのせいなのか、すぐ眠ってしまいました。

次の朝

4粒吸ってみました。

ふわふわしてきました。
海外のフォーラムでは幻覚が見えたとレポートがあった個数です。
しかし待てど暮らせど幻覚はでてきません。

追加で10粒行きました。

すごくふわふわしてきました。
ダウナー系の多幸感の感じでしょうか。
しかし幻覚は見えません。

さらに追加で10粒行きました。

すごくふわふわしました。
幻覚は見えませんでした。
ここで種が尽きたので終了。

まとめ

お酒に強い弱いがあるように、
アルカロイドにも強い弱いがあって、多分僕はアルカロイドに強かったのかなあという感じ。

ちなみに、ダチュラの種を飲むと失明したり、下手すると死ぬらしいので絶対に飲まないように。

スポンサーリンク