仮想通貨とトークンの違い


“仮想通貨”は、電子マネーを含むデジタルな通貨全てを指す場合と、
暗号通貨(英: Cryptocurrency)を指す場合があります。
この記事では”暗号通貨”の意味で、より一般的な名詞である”仮想通貨”を使います。

仮想通貨の取引がどうとか、
トークンの価値が暴騰したとかいうニュースを見かけますが、
仮想通貨とトークンはどうちがうのでしょうか。

 

実は、
仮想通貨とトークンは、本質的には同じです。

 

同じというより、
仮想通貨というくくりの中にトークンがあるので、
そもそも比較するものでもありません。

 

仮想通貨の種類

仮想通貨には二種類あります。
カレンシー(通貨)タイプアセット(資産)タイプです。
トークンとは、後者の仮想通貨のことです。

カレンシータイプ

非中央集権的に運用されており、採掘作業によって発行・配布される。
発行数上限が最初に決まっており、流通量が自動的に決まる。
ビットコインやイーサリアム等がこれ。

メリット: 採掘作業で獲得できる
デメリット: 世界的に、電気代やリソースの無駄を産んでいる

 

アセットタイプ

開発者が管理している。
採掘はできず、売買等の取引のみ。
採掘ができないということはつまり、取引の証明は開発者(とその周辺)が行う。
リップルコイン・zaifトークン等がこれ。

発行数・流通量は開発者が設定する。
普通、一定割合を開発者が保持するので、価値を上昇させるために開発者が普及活動をがんばりがち。
発行数を途中で増やすと、価値が下がるし、ポンポン発行すると思われると価値が暴落するのでめったに普通発行数は増やさない。

 

 

アセットタイプの仮想通貨の利用され方

トークンは基本的に、何かのサービス内で利用できるポイントのようなものです。
リップルコインやzaifトークンは、様々な通貨を交換するサービス内で、通貨間の橋渡しをするポイントみたいなものといえます。

また、
何かサービスをローンチする際に、資金集めとして、アセットタイプの仮想通貨をICO(Initial Coin Offering: 新規通貨を発行すること. 株におけるIPOみたいなもの.)し、そのトークンの一定割合を投資家に売ることがあります。
投資家は、サービスが拡充・普及し、トークンの価値が上昇することを狙ってそれを買います。

 

というように利用されるので、アセットタイプの仮想通貨は、ポイントのような側面もありますが、株のような側面もあります。

ちなみに、inside square等のサービスを使えば、特に難しい知識もいらずICOすることができます。したところで運用ができなければ死にゆくコインになるだけですけど。
一部のブロガー界隈では、ブログ独自の投げ銭システムとして独自トークンを作成しているみたいですね。

 

そういえば、PVに関係なく記事の質によって報酬がもらえるサービス、ALISがローンチするらしいですね。資金調達はもうおわっちゃったっぽいですけど。

スポンサーリンク