無線LANのSSIDに日本語を設定する方法

無線LANって有線LANよりバリ便利ですよね。

僕はマンションに住んでるのですが、

他の部屋の電波が結構入ってくるんですね。

ということは、逆に考えてみれば自分の部屋の無線LANの電波も他の部屋に届いているということ。
じゃあこれを逆手に取って遊んでみようと思いましたまる

 

本日のゴール

こういう日本語SSIDを設定する。

 

使ってる機器

BuffaloのWCR-1166DS

BUFFALO 11ac/n/a/g/b 無線LAN親機(Wi-Fiルーター) ビームフォーミング対応 866 300Mbps 【Nintendo Switch動作確認済】 WCR-1166DS

新品価格
¥3,318から
(2017/11/18 14:57時点)

安くて11ac対応で高速なので家庭用ならわりといいですよ。


もちろん、SSIDを日本語で設定するのはこの機器じゃなくてもできるはずです。
Buffalo製品なら方法はだいたい一緒だと思います。
Buffaloじゃなくてもおんなじような方法でできるはずです。

 

方法

※この方法を実行して起きるいかなる問題に関する責任は負いかねます。
というおまじない。

 

さて、まずは
http://192.168.11.1/

にアクセスし、管理画面にログイン。
(管理画面のURLは機器によって違うので各自アレしてください)

この画面からSSIDを設定するのですが、普通にここに日本語を入力すると

エラーが出て

設定ボタンが死にます。

 

じゃあ、なんとかして設定ボタンを復活させるか、
日本語入力を検知してエラーを出してるjavascriptをいじってエラーを出さないようにするかすれば解決できるはずです。

今回は前者の方法で行けました。

 

また、スマホやパソコンのSSIDは文字コードUTF-8で管理されているのに、
この管理画面の文字コードはEUC-JPなので、そのまま日本語を送信するとSSIDが文字化けしちゃうので、文字コードをいじります。

 

Chromeからだと
テキストエンコーディング
こういうアドオンで管理画面の文字コードをUTF-8に設定します。

もちろん管理画面は文字化けします。

 

設定ボタン(だったもの)が死んでいるので、開発者ツールからソースをいじります。

該当するボタン部分のソースを見つけ出して、

class=”button2_disabled”class=”button2″に変更します。

そうするとボタンが復活するので、

設定ボタン(だったもの)をクリック。

 

そうすると無線LAN機器が再起動し、
スマホからWiFiを確認すると

ちゃんと設定されましたね。

パソコンから見ても

ちゃんと設定されましたね。

同じ方法で日本語じゃなくても絵文字でもなんでも設定できます。

 

雑な解説になってしまいましたが、大雑把に言うと

  • 管理画面の文字コードをUTF-8で表示する
  • 管理画面の日本語文字チェックを回避する

だけ。

 

みなさんもおもしろいSSIDに設定して遊んでみてね。
「見てるぞ」とかに設定したら統合失調が加速しそうですよね。

スポンサーリンク

未分類

Posted by nasnem