ほしいものリスト、公開してみました。

こんにちは。ブロガーです。
ブロガーといえば、ほしいものリスト公開ですよね。

ほしいものリストを公開して読者から物をもらうって素敵やん?
ディスプレイとか買ってもらってる人を見かけて羨ましくなったので、
僕もほしいものリストを公開することにしました。

普段こんなことしないけど、今日はブロガーっぽいアイキャッチ画像まで作ってみました。

もし良かったらほしいものリストの物を買ってください><;;

 

↓僕のほしいものリストはこちら↓

なすねむのほしいものリスト

ほしいもの紹介

 

ほしいもとは・・・

干しいも(ほしいも、干し芋)はサツマイモを蒸して乾燥させた食品である。日本においては全国各地で作られているが、産業としては8割以上が茨城県で生産されている。

引用元: Wikipedia

干し芋の原料はサツマイモなんですね。
流通している干し芋の8割以上は茨城県で生産されているとのこと。

こちらのサイトによれば、

ほしいもは、ひたちなか市産が最も有名!この地域の特産物です。
茨城県ひたちなか市周辺で全国シェアの約90%です。

とのこと。
ほとんどひたちなか市で作られているんですね。勉強になります。

 

ほしいもの歴史

元々、メキシコが原産のサツマイモは、世界中をまわりまわって中国から1600年頃に琉球に伝わりました。
琉球から最初に薩摩(鹿児島)に伝わったので、サツマイモ。

そのサツマイモが220年の時を経て、1820年頃から静岡県で干され始める。

その後、保存食として全国に普及。

 

どうして甘いの?

デンプンの塊であるサツマイモを寒風にさらしておくと、
デンプンが、エネルギー源であるブドウ糖に分解される糖化が起きる。

それを蒸して干すので、糖分が凝縮されて非常に甘くなるんですね。

 

リストの商品紹介

リストに掲載した商品です。

 

こだま食品 安納干し芋 100g 102023024

新品価格
¥540から
(2017/9/30 10:04時点)

安納芋の干し芋。
安納芋は、焼き芋にすると別名・蜜芋といわれるほど甘い品種。
ただ、成分にムラがあり、切ったり干したりする際にボロボロになりやすいので、干し芋にするのが難しい品種でもある。らしい。

 

 

こだま食品 紅はるか干し芋 100g 102023030

新品価格
¥540から
(2017/9/30 10:07時点)

紅はるかの干し芋。
大きさや形が揃いやすい品種なので、加工しやすい。らしい。
amazonで「干し芋」で検索するとほとんどが紅はるかの干し芋。

 

 

焼き干しいも 220g x12袋セット

新品価格
¥3,800から
(2017/9/30 10:11時点)

干し芋を焼いたので焼き干し芋。
サツマイモを天日干しした後、遠赤外線でじっくり焼き上げた一品。
順番で言うと干し焼き芋。
モンド・セレクション銅賞受賞という、あんまり聞いたことない格付け。

 

 

芋がら / 50g TOMIZ(富澤商店) 和食材(海産・農産乾物) その他乾燥野菜

新品価格
¥617から
(2017/9/30 10:16時点)

「干し芋」で検索したら出てきたので一応載せたけど、干し芋ではない。
里芋の茎を乾燥させた芋がら

 

 

カット干し柿(ひとは柿)

新品価格
¥864から
(2017/9/30 10:20時点)

干し柿。

スポンサーリンク