VPSで仮想通貨をマイニングして儲かるのか検証

今話題の仮想通貨。
出遅れ感は否めませんが、VPSで仮想通貨をマイニングして儲かるのか検証してみました。

前提

 

今回マイニングした仮想通貨はBitZeny。

BitZenyとは・・・
2014年11月に開発された、国内産の比較的新しいアルトコイン。
CPUでのマイニング向きなので、普通のPCで採掘ができちゃう。

BitcoinはもうGPUやASICでの大規模マイニングで溢れていて、
個人で参戦してもティラノサウルスにノミが挑むようなものです。

一方でBitZenyはCPU採掘向きで、
「普通のノートパソコンで採掘しても採算が取れる」
というネットの書き込みを見たので真に受けて挑戦してみました。

 

採算が取れるとは・・・・
「コスト < 採掘量」の状態。
マイニング作業をすると、PCのリソースを食い電気代が発生します。
Bitcoinなどは(日本で個人でマイニングすると)「採掘量 <<<<< 電気代」になるので採算が取れない。

じゃあ、BitZenyをレンタルVPSでマイニングすれば電気代かからないし、
もしかしたら採算取れちゃうんじゃないか、というのが今回の趣旨です。

 

VPSとは・・・
Virtual Private Serverの略。仮想専用サーバー。
ネットに繋がれた遠隔地にあるパソコンを借りる感じ。
普通はCPUのみで、GPUは搭載していない。
レンタルサーバーと違って基本なんでもできるので、マイニングもできちゃう。(迷惑はかかる)

VPSは月額いくらで契約し、
電気代や諸々のコストがそこに含まれているので、消費電力などを考えなくてよくて便利。

ただし、共用サーバーのVPSの場合、CPUを100%使い切るような使い方をすると、同じサーバーの他のユーザーのパフォーマンスに影響するらしいので注意が必要。
僕はそんなこと知らないので怒られるまでやる。

 

契約するVPS

 

Time4VPSという海外の激安VPS。

リトアニアで運用されているらしく物理的な距離が大きいので、
Webサイトのホスティングには向かないが、マイニングには関係ないので採用。
日本のVPSの1/5ぐらいの価格で、その分サポートが弱かったりするが、
遊びに使うには非常にリーズナブル。

激安海外サーバーのくせに落ちたりせず、安定的に運用されているので安心。
英語ではあるが、UIもわかりやすい。クレカやPaypalで支払える。

料金

今回使うのはtime4vpsの最安プランのXS。

シングルコアCPUで2.40GHz
メモリ512MB(マイニングにはあんまり関係ない)、
HDD20GB(どうでもいい)、
転送量制限1TB/月(すごいけどどうでもいい)

で、2ユーロ/月。

1ユーロが130円前後なので、月260円。

これだけでも爆安なんですが、

長期契約するとどんどん安くなります。

3ヶ月契約で200円/月
半年契約で180円/月
1年契約で165円/月
2年契約で130円/月!

今回契約したのは3ヶ月契約なので200円/月のコストがかかることになります。
なので月200円分以上マイニングできたら勝利ということになります。

 

 

マイニングいってみよう

 

マイニングはUbuntu16.04にCPUminerをインストールして行いました。
方法はこちらの記事を参考にしました。

条件:

  • Ubuntu16.04
  • CPU 2.40 GHz  x1
  • LA BitZeny Poolに参加
  • VPSを3台契約

なぜ3台契約したかというと、
共用サーバーのVPSなので、複数台契約でサーバーの当たりハズレを平均化。

本当はもっといっぱい契約した方がいいとは思いますが、お金かかるので・・・

 

LA BitZeny Poolというプールでマイニングに参加しました。

プールとは・・・

マイニングには、ソロとプールがあり、プールとはチームでのマイニングです。
プールでは、コインの塊である”ブロック”を発見しやすく、それをチーム内で貢献度に応じて配分する。
基本的にはプールマイニングの方が効率が良いとされる。
あと、プールのサイト上で採掘履歴や統計が見れたりして便利。

 

さて、マイニング。

サーバーや時間帯によって採掘効率が大分上下しました。

VPSごとにワーカーを作成しましたが、
ハッシュレート(採掘効率)が0.15kH/sのサーバーもあれば、0.90kH/sのサーバーもあり、
当たりハズレが大きいですね。

ちなみに、サーバーの利用状況は

どのVPSも、CPUを100%使用しっぱなし。

他のユーザーに迷惑がかかるのでやめましょう。

 

1日マイニングして掘れた量

1時間あたり8〜11 ZNY(BitZenyの単位)を採掘し、
1日では216 ZNYを採掘しました。

 

1 ZNYは現時点(9月18日0時 時点)で0.0773円。(ZNY/JPY 相場)

ということは、216 ZNYは 16.7円

1ヶ月で 16.7円 x 30日 = 501円

 

勝ち負け

 

3ヶ月契約のVPSだと1台あたり200円/月のコストなので、
3台では600円/月。

一ヶ月で採掘できるBitZenyは501円なので、
月あたり100円の赤字。

 

ただし!!

2年契約すると3台で390円/月なので、
111円/月の黒字が出る!!

ちなみに、この計算で2年契約をした場合、1年半マイニングすればもとが取れる。
しかも2年間の間にサーバーが増強されたりするとさらにおいしい。

 

え?そんなに待てない?

わかるよわかるわかる。

仮想通貨は為替と一緒でレートが上下するので、
計算すると、3ヶ月契約で儲けを出すにはZNY/JPYレートが0.0925以上になれば、
3ヶ月でもとが取れる。

 

ZNYは過去最大に高騰した時で0.144 JPYを記録している。
今後高騰していく可能性もある。

 

結論

 

VPSでBitZenyをマイニングすると儲かる!(かもしれない。)

今回は引き分け。

普段あんまり使ってないVPSを浮かせておくぐらいならマイニングした方がいいかもしれませんね。

マイニングしてCPUを100%使い続けると、
特に国内VPSだとVPSを止められることもあるらしいので気をつけて。
CPU使用率を80%とかにminerで設定したほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク

未分類

Posted by nasnem